スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府泉南の食品コンビナートで五目釣り

大阪府泉南は自宅から高速で1時間で到着する釣り場です。
朝の5時に自宅を出発し、阪神高速の助松インターで下車、フィッシングMAX泉大津でオキアミとアオイソメを購入。
ついでにタコ釣り道具(てんや)を購入し、いざ食品コンビナートの北側に行きました。
ここの釣り場は足場が良く、横に車を付けられるので家族連れが多いです。

出来るだけ沖側の場所を取り、サビキ釣りの為、オキアミを解凍します。
周りの釣り人に釣果を聞いてみてもあまりよく無いようです。

短竿を2本出しました。
1本はサビキ仕掛けで針にアオイソメを付けて置き竿にして、もう1本は浮き仕様にして、オキアミを付けて流します。

20分程経過したところ、サビキ仕掛けにグイグイと引く当たりがありました。
引き上げると、13センチのウミタナゴでした。
この魚は焼いても少し匂いがするので、リリースします。

もう1本の竿を見ますと、浮きが無くなっています。
引き上げると10センチのメバルが釣れました。これもリリースします。

去年この場所でタコてんやで真タコを釣った経験があるので、セッティングして20メートル程投げました。
ワイヤーを手引きします。
途中ふっと重くなるとタコが爪針に乗っているので、外さないように早く引き上げます。
10回程繰り返した時に、ふっと重たくなりました。
引き上げると真タコです。今、タコは旬なのですね。その後も3杯つりました。

昼食、おにぎりを食べ、昼過ぎに帰途に着きました。
家ではタコを塩もみして、ヌメリをとります。
頭をめくって内臓を取り、沸騰したお湯に浸します。
お湯が赤く染まり、足がクルクルと巻きます。
冷蔵庫に暫く放置して刺身にして食べました。
タコは本当に美味しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。