バス釣り初心者はハードルアーのほうが釣れる

私はバス釣り中級者で決して上手ではないのですが、なかなか上達せずに悩んでいる時にひとつ気づいたことがあります。
初心者の頃はやっぱり、ソフトルアーのネコリグやダウンショットリグなどなるべくナチュラルなルアーでスローに誘う釣り方をして、初バスはソフトルアーという人が殆どではないでしょうか。

私もそうでした。

キャストが下手なので1800円もするハードルアーを投げるたびにどんどんロストしてしまい、結局ソフトルアーでねちねち攻める釣り方しか出来なくなってしまっていました。
確かに、ソフトルアーのほうがナチュラルなので、どんなタイプのバスにも効果的、ガッツリ喰ってきてフッキングしたらバレにくい、単価が安いので失くしても金銭的ダメージが小さいというメリットがあります。
でも、私はあるときから段々ソフトルアーよりもハードルアーのほうが有利な場面に気づいてきました。

まずソフトルアーはアピールが小さいので、遠くにいるバスが気づいてくれません。

そして、ナチュラルゆえに弱そうな餌に見えるのでバスもゆっくり近づいてきてじっくり観察してから喰うかどうか決めます。

ゆっくり動くソフトルアーはここで見切られることが多いのです。

それにソフトルアーは自発的に動かないので、釣り人があるていど上手にアクションさせる必要がありますが、バスプロならともかく初心者には難しいです。
それに気づいてから私はスピナーベイトやクランクベイトなどの、巻いてれば勝手に動くルアーの使用頻度を上げたのですが、釣果が上がりました。

これらのアピールが強いハードルアーは、巻いているだけで遠くの魚を寄せる力があります。

そして、強めに動いているのでバスにしても、早く喰わないと逃げちゃうぞ!と、思い切り喰ってきます。
結果、ソフトルアーより早く広い範囲のバスを寄せて、簡単に釣れます。

もちろん、ルアーの着水音だけで逃げてしまうタイプのバスもいます。

でも、それ以上にバスを寄せる力が強いのがハードルアーです。
中級者の方で、今ひとつ釣果が伸びないひとは是非試してみてください。