FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックバスフィッシングを始めて

ブラックバス、それは外来魚です。
日本の生態系を破壊する魚の一種でもありますが、これを釣って楽しむ人がたくさんいます。
なぜなら、手軽にできる釣りの入門編みたいなものだと私はおもいます。

最初から海釣りとなると、道具の準備とか色々と大変だと思いますが、野池などはよくあるので気軽に楽しめるものだと思います。

ブラックバス釣りを初めて、私はかれこれ10年以上になりますが、初めた当初の記憶は鮮明に覚えています。

初めて釣ったときのルアーや天候や池・誰と一緒だったとか・・・
いい思い出です。

初ヒットルアーは、クランクベイトです。
DAIWAのピーナッツの金黒カラーです。

魚の大きさは、15センチほどでしたが、ドキドキしながら持ち上げた記憶です。

ブラックバスを釣るには、自分なりに仮設を立てて挑んで行くことと、バスの気持ちを考えることが大切だと思います。

やみくもに攻めても釣れるかもしれませんが、自分の思い通りの形で釣れた方が楽しいじゃないですか。

経験を積めばバスの居場所がなんとなくわかったりもします。

基本的な知識はもちろん必要ですが、何度か釣りに行っている方であれば、なんとなくは雰囲気でわかってきます。



周りを見渡して、自然を感じ、大きく息を吸い込んで落ち着いて、自然と一体化して挑んでみてください。

きっとなにかが見えてくるはずです(笑)

私はいつもこうやっています。




スポンサーサイト

刺し餌をいろいろお試し

釣りをいつからしているかと考えてみると、
幼稚園の頃の写真に釣堀のようなところで釣竿を持っている自分がいます。
記憶にはありませんが、この頃に初めて釣りに係わったのだろうと思います。

社会人になって仕事に疲れているとき、釣りは気晴らしにすごく良いことがわかりました。
それから気晴らしするための釣りは続いています。
気晴らしとは言え、一応、チヌを狙ってます。

普通のウキ釣りだけではありません。
かなり練習して団子釣りも少しできます。

イカダではない波止での団子釣りなので少しコツが必要です。
波止から団子を投げるのですが、上手な人はオーバースローで投げます。
または、柄杓に団子を乗せて投げます。
私は未だにそれが出来ずアンダースローなのであまり遠くには届きません。

一時、団子釣りに凝ってましたが、また元のウキ釣りに戻っています。

ここ数年は餌をいろいろ試しています。
刺し餌のオキアミもいろんなメーカーが出しているので試してみたり、オキアミ団子とかの練り餌もメーカ各社あるので試してみたりしています。
コーンなんてものもあります。

練り餌は、時によって有効なことがあります。
オキアミを使っているときより沈むのが早いので、餌取りが多いときに多少効果がありそうです。
しかし、フグは何でも食べるのでフグが沸いていると難しいです。

また、餌取りがいないのに練り餌がなくなるときは、どうもチヌがいるようです。
練り餌の問題は、どのタイミングで合わせるかがどうもよく分からないままです。

波止釣りなのであまり大物は期待できませんが、ここを会得したらもう少しチヌが釣れそうに思います。

今秋は頑張ろうと思っています。

気軽に楽しめるけど奥が深いテナガエビ釣り

毎年6月から7月くらいの梅雨の風物詩と言えばテナガエビ釣りです。
この時期のテナガエビは産卵期で活発に動き回ります。

都市部でも、川の河口付近~池や沼地、用水路など浅くて流れの無い岸際のいろいろなところで楽しめます。
居場所さえ見つければ、釣り人が多くてスレるといったこともなく、少数なら簡単に釣れるし、上達すれば数釣りできるのでオススメです。

道具は、足元を釣るので短い延べ竿で充分です。
竿を使ってエビとやりとりすることはほぼないので安物で充分です。

仕掛けは、竿~ウキ~錘~針、というシンプルなもので錘はウキが水面よりも少し沈むくらいの重さの物を使います。
ウキはあくまでエビが餌を掴んで移動するのを確認する為の目印なので小さければ小さいほどエビに違和感無く餌を取らせます。餌は赤虫がいいです。

エビがいそうな石の間に餌を落とすと、エビがすぐに餌をハサミで掴んでそのまま安全な場所に移動します。
この時ウキが最初にもぞもぞ動いた後横にスーッと移動します。
ここですぐあわせると、エビがハサミから餌を離してしまって釣れません。

10秒から30秒くらいすると、エビが餌をハサミで口に運んで食べ始めます。このタイミングで軽くあわせると口に針掛かりして釣れます。

この、アタリが出てからあわせるまでの待ちとそのタイミングが奥が深く、逆にこれを極めると数釣りできます。
初心者の方でもエビが多いところでは仕掛けを投入するたびにアタリは出ますので、何度もトライアンドエラーを繰り返していくうちに上達します。

釣ったエビは素揚げにするとビールのつまみになっておいしいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。