スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識はなくてもその時間が幸せな魚釣り

子どものころに、家の近くに川が流れていました。
少し車で移動すると、山の中には綺麗な渓流もあります。

父は良く魚釣りに連れて行ってくれていました。
父も釣りに詳しいわけではありません。
きっかけはただ、せっかく川がたくさんあるのだからという単純な理由でした。

あまりに釣れないことが続いたときは、山にある釣り堀にも連れて行ってくれました。
お腹がすいた魚がたくさんいて、もういいよというくらいに釣れて困ったこともあります。

釣り堀では、釣った分は買い取りですからね。
子どもはそんなこと考えませんから、ただ釣れるのがうれしくて、夢中になったものです。

釣り堀でも川でも、自分たちで釣った魚を食べるのは、いつも以上に美味しく感じていました。

大人になって住んでいるのは、海の近くです。
子どもの時に近くになかった海に憧れてのことです。

時々実家に帰るときに行く渓流の釣りも良いですが、海での魚釣りも良いですね。
潮の香りが心地よいです。
釣れるととてもうれしくてみんなではしゃぎます。

でも、たとえ釣れなくてもいいのです。
もっと勉強したら更なる楽しさに気が付くことができるのかもしれません。
しかし、今は、家族で出かけてみんなでのんびりと過ごす時間が、とても幸せだと感じるているのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。