FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波止釣りを再開した理由

小さい頃は良く近くの川に釣りに行ったり、夏休みはおばあさんの家から近い漁港でアジ釣りに行ったりしていました。
小さい頃の釣りの記憶としては中学生までです。
オキアミを触ると手がかゆくなったので止めてしまったように思います。

その後、再開したのは30代でした。
仕事でなかなか休みも採れず疲れていました。
リフレッシュ休暇の期限が近づき止む無く?休みを取ることになりました。

しかし、特に何か計画しているわけでも無かったので、実家に帰省することにしました。
帰省してボーっとしていても、何かしら仕事のことを考えているような感じでした。

暇なのに頭が疲れている感じです。
何か気晴らしになることは無いかと考えていると、部屋の隅に釣り竿があるのを見つけました。

昔の釣り道具も探すと出て来たので翌日、さっそく近くの堤防に行って見ました。
行った堤防は、遠くは対岸がうっすら見える景色のとても良いところです。

一応、チヌ(クロダイ)を狙って。
結局、雑魚しか釣れませんでしたが、ウキの浮き沈みをずっと見て集中しているので、頭の中には仕事の”し”の字も出て来ませんでした。
すごく気晴らしになったように思いました。
オキアミで手が痒くなることもなかったです。年取って体質が変わったのかも知れません。

それ以来、釣れなくても良いので、良い景色を見ながらのんびりと気分転換を兼ねて釣りに行ってます。でも、やっぱり釣れた方が良いですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。